2007年11月13日

高木×知念

今日は休みなので知念と二人で町に出かけた。
知念はすっごくうれしそう。
可愛いし...。
そんなこと..些細なことに幸せを感じている。

「俺んち来ない?」
最初は軽い気持ちで言ったんだ...。
本当に...軽い...気持ちで...。
「いいの?」
「うん!!いいよ」
知念は俺んちに来た。
「ただいまぁー」
「おじゃまします...」
「誰もいないから・・・大丈夫だよ」

俺は知念を部屋に入れて言った。
「待っててな。」
俺は服を着替えて知念の待つ部屋に向かった。
知念はすごく可愛かった...。
いつもの...俺の好きなあの・・
笑顔をしていたから...。
その笑顔で何か頼まれたら...
断れない..くらい..。

最初は学校の話やら..
日頃の話とか色々な話をしていた。
話をしているうちに知念にふれたくなって
キスをした。
最初はほっぺにキスをして...
唇にしてしまった..。
「......たかきくん?...」
そんな可愛い顔で見んなよ...知念..。
俺...止まんなくなんじゃん...。
そして俺は首筋に唇を這わせて
腰に手をまわす。
ぎゅっと抱きしめて唇にキスをする。
唇を離したときにいやらしく銀色の糸が
知念と俺をつなぐ。

ボタンをはずして俺はなめた。
「知念..」
「高木く..ん...だめエ..」
と甘い声を出して俺の服をつかむ。
一瞬辞めて知念のズボンの中に
手をすべり込ませる。
「やっ...たかきくん・・」
「たかき..くん...はっ・・・あっ...あっ...」
手をやめ立ち上がり鍵を財布から取り出して
ひきだしをあけて箱を取り出した。

「それ...何?」
と知念が箱を見ながら聞いた。
「ん?これなぁ...」
と箱から機械を取り出した。
「これなぁ...知念とか...若い子が使うとおかしくなるんだけど....俺...知念に使いたい...」
といって後ろから知念のズボンをおろした。
「なぁ..?知念?」
と問いかけても知念は振り返らない...。
後ろから抱き付いて首筋をくちびるでなぞった。
知念はビクンと感じていて可愛かった。
「フッ..」
知念の耳に息を吹きかけると知念は
崩れてしまった...。
「ひゃっ..」

俺は持っていたバイブのスイッチを入れると
知念のブツに当てると知念は甘い声を出した。
「ひぃ..ひゃっ...あっ...ひゃっ...」
その声に興奮していた..。
「たぁ..かきくん....」

「そんな声出したら俺....止まんなくなるよ?」
といつもより少し低い声で知念の耳元でささやいた。
バイブのスイッチを切りなめた。
いやらしい音がでる。
そのたびに知念は甘い声を漏らす。
そしてまたバイブのスイッチを入れる。
さっきより..強くして...。
知念のブツの奥へと入れていく。

「ひゃっ..ああっ...」
いつも高い声なのに..いつもより甲高い声で
甘い声を発する。
「ひゃっ...あっ...」
知念は体をそらして....
その動きに俺は興奮した。

そして知念は....動かなくなってしまった....。
「ごめんね...知念...。俺..知念が大好きだから..な..知念..」
俺は知念をベットに寝かして勉強を始めた。

知念が目を覚ましたのは....俺が勉強を始めて
1時間がたった頃だった...。


--終わり--
posted by Black Sky at 16:42| Comment(37) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

『高木雄也×知念侑李』

〜高木目線〜
////////////////////////////////////////////////////////////////

「ねえ?高木クン?今度の休みにさぁ・・・僕の買い物付き合って?」
俺が携帯をいじりながら知念と話していたら知念が俺に言った。
答えは決まってる。
「いいよ。待ち合わせ何時にする?あと時間も・・・」
と俺が答えるとあの笑顔で笑って言った。
「ほんとに?うれしい!!○△前ね・・・時間は・・・」
と時計を見ていたら後ろで声がした。
「ねぇ〜二人でお出かけ?僕も連れてってよ〜高木ぃ」
この声は有岡・・・。
「だめ!!俺と知念の二人で行くんだから邪魔させねぇー」
といいつつ知念の後ろに行って包み込む形になって抱き寄せる。
「ケチィーまた今度ね。知念」
といって知念の頭に手を置きぽんぽんとたたいて部屋を出て行った。

休みの当日。
俺は約束より早めに待ち合わせ場所に向かった。

続く

posted by Black Sky at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

はじめまして

はじめまして☆
管理人の『Black Sky』です。

私は、BL(ボーイズ ラブ)の話がとても好きです。
このようなページを作ろうか・・つくらないか・・・とても迷っていました。
でも今日。
やっと作れる事が出来ました。

私はBLの小説を友達に頼まれて書いています。

エロい部分が多少・・かなりあります。
皆さん・・・読む方々に不快な気持ちにさせてしまうことがあるかと思うんですが、読みたくなければ読まなくて結構です。


読みたいお方だけ・・・読むようにお願いします。

なお・・・管理人は受験生なのであまり・・・
毎日更新できませんが・・・がんばるのでお願いします☆
posted by Black Sky at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。